【かな書道を始めよう!】初心者の為の道具の選び方

かな書道は、書道の中でも日本特有の文化であり、漢字書道とは違った味わい深さがあります。曲線の美を大事にするため、道具もこだわって選ぶ必要があります。ここでは、かな書道の道具の選び方についてご紹介していきます。

 

かな書道とは

書道と言えば、小学生のときに誰もが習った漢字書道や漢字かな交じりが思い浮かびます。また、芸術性ではなく日常生活への実用性を目的とした実用書道があります。

それらに対して、日本独特の文字文化である「かな」を学ぶことを目的としたものが、かな書道です。まずはひらがなの「いろは」から学び、日常生活ではほとんど使われることがなくなった「変体仮名」や、「連綿」という2〜3字を続けて書く手法へと進んでいきます。

 

美しい線が魅力

かな書道の丸みを帯びた美しく滑らかな線は「みずくき」と称され、漢字書道や実用書道にはない魅力です。また、変体仮名や連綿をバランスよくいれることで、美しさの表現は多様になります。運筆のリズムと線の流れを大事にするため、道具もそれに見合ったものが必要になってきます。

 

道具の選び方

初心者の場合、値段や品質はあまり気にせず、漢字書道とかな書道では道具に違いがあることを意識していただければ良いでしょう。将来的に段級を望まれる方は、少々高くついても長く使えて質が良いものを一通りそろえることをおすすめします。

 

かな書道用の筆には一般的に、狸や鼬(いたち)、猫の毛などが使われます。狸、鼬、猫の順に毛質がやわらかくなり、上級者に向きます。また、穂先が長くなるほど書の自由度が上がりますが、初心者には書きづらくなります。

これからかな書道をはじめる方には、適度な弾力と毛先のまとまりがある鼬毛で、穂先が短めのものをおすすめします。

 

用紙

市販されているものでかまいませんが、必ずかな書道用のものを選びましょう。漢字書道の「行書」「草書」などは多少のにじみが字に味を出させますが、美しく滑らかな線質を特徴とするかな書道の場合、にじみは繊細な線の美しさを損ないます。そのためかな書道用の半紙は、にじみ止めの加工が施され、滑らかな紙質で墨の吸収が少ないように作られています。

 

墨・硯

かな書道の墨は固形墨で、粒子が細かくのびの良い油煙(ゆえん)墨が最適です。ただし、流れが良くなる一方で黒味は弱くなります。墨の色味を大切にしたい方は、漢字書道用の黒味が強いものをかな書道で使われても問題ありません。

小筆を使うかな書道では、たくさんの墨は必要ありません。そのため、硯はやや小ぶりのものを選びましょう。3〜5寸のものが目安となります。

 

下敷き・文鎮

下敷きは、かな書道用の用紙である半懐紙(約36×25センチ)を置けるものが大きさの目安です。厚みがあって無地のものを選びましょう。

文鎮は、小ぶりで軽めなものでかまいません。しっかりと紙を押さえられるような大きくて重みがあるものは、かな書道では使いにくい場合があります。

 

日常の文章の約7割がひらがなであると言われています。かな書道でつちかった美しいひらがなは、年賀状や手紙など普段の生活の場でも生きてきます。一通り道具をそろえると、気持ちがワクワクしてモチベーションも上がります。ぜひ参考にしていただき、かな書道をはじめるきっかけになればと思います。

東京書道教育会フォローしておすすめの記事を購読しよう

東京書道教育会のおすすめ

シェア