文房四宝についての記事一覧

書道を学ぶためにはまず道具について知ることも大切です。そこで筆墨硯紙(ひつぼくけんし)について詳しくご紹介します。成り立ちや用途などを正しく知ることでより良い作品作りを行うことができます。道具選びの際も知識として覚えておくと役立ちます。

硯の産地

2016/07/06 09:30

硯の制作書道では、墨、紙とならんで硯も大切です。硯は墨を磨るための道具ですが、生産地によって種類が多くあります。中国と日本の代表的な硯を列記します。唐硯(中国)端渓硯(たんけい)、羅紋硯(らもん)、歙...

紙は何でできている?

2016/06/01 09:30

紙つくり現在、和紙作りを支える原料は楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)の三種が中心です。これらの原料が紙になるまでには、紙の種類にもよりますが、だいたい十前後の工程を経なければなりません。...

墨は何でできている?

2016/05/11 09:39

こんな墨をもあるある講演会で聞いた話です。松煙墨は紀州田辺の名産でした。紀州藩として作っていたもので一家相伝の仕事として伝わったそうです。正に門外不出の仕事でもありました。最近、中国の墨の隆盛期、明代...

筆 は何でできている?

2016/04/06 09:30

1. 筆 つくり皆さんは筆の材料に関心を持ったことがありますか。筆毛は様々で山羊・イタチ・狸・馬などが主に使用されています。その性質によりそれぞれ書き味が違います。先ず硬さです柔らかな柔毛筆、硬い剛毛...