【書道初心者必見!】筆を長持ちさせる手入れ方法とは?

筆を大切に扱うことは、書道を極めるための第一歩です。気持ちを込めて丁寧にお手入れをすれば、その筆と長くお付き合いしていくことができます。そこでここでは、筆を長持ちさせるためのお手入れの方法をご紹介します。

 

筆の洗い方

上級者になると、あえて筆を洗わないという人もいます。筆に残った墨が弾力を持たせ、書き味が変わってくるためです。しかし、やはり筆は毎回きちんと洗ったほうが長持ちします。初心者のうちは、使ったあとは正しい方法で筆を洗うようにしましょう。

 

筆を洗う場所

キッチンなど、ステンレス製の流しがおすすめです。墨の汚れはついてしまうと落ちにくいため、白い洗面台など汚れが目立つ場所は避けましょう。

 

筆に残っている墨を丹念に洗い流す

筆の鋒(毛の部分)の長さよりも深さがある、汚れてもよいような容器を用意します。使用済みの空きビンや、市販のプリンやゼリーなどの空き容器でかまいません。

容器に水をためて筆の鋒をひたし、筆を振るようにしながら墨を落とします。根元に残っている墨が取れない場合は、優しくもみほぐすようにして洗いましょう。水を換えながら、水が黒く染まらなくなるまで繰り返します。このとき、筆を傷めてしまうため、毛先が容器の底にこすらないよう気をつけましょう。

水圧で毛が乱れてしまうため、流水で洗うことはおすすめしません。どうしてもそれ以外に方法がない場合には、毛を傷めないように流水を細くし、毛の流れにそって水を流すように心がけましょう。

 

小筆のお手入れ方法

小筆は基本的に、水で洗いません。反古紙(使い終わった書道紙)を使い、穂先をそろえるようにして、筆に残った墨をふきとります。さらに水で湿らせたティッシュでふきとり、墨のとり残しがないようにします。

つりさげて干しておき、乾いたら付属のキャップをかぶせて保管しましょう。そうすることで、毛が曲がったり広がったりすることを防ぐことができます。

 

洗った筆の乾かし方

洗い終わった筆は、鋒を円錐形に整え、円錐形の頂点となる筆の穂先が中心にくるようにしましょう。筆の形がゆがんだりくずれたりしたまま乾かすと、筆にクセがついてしまいます。そうなると、次に字を書くとき良い状態で筆を使うことができません。

 

つりさげて風通しの良い場所へ

整えた円錐形がくずれないように、つりさげて干すのがベストです。筆架という書道専用の筆をかけておく道具もありますが、市販に売っているディスプレイ用のハンガースタンドなどで代用できます。筆についているかけひもを、クリップや洗濯ばさみでスタンドにとめればつりさげられます。

湿気が多い時期はカビが生えることがあります。風通しが良い日かげを選んで干すようにしましょう。

 

乾いた後の二度洗い

きれいに洗ったつもりでも、干したあとにもう一度水洗いしてみると、毛の間から細く短い墨のかたまりが出てくることがあります。筆に墨を残してしまうと筆が傷む原因になるため、ときどき乾いた後にもう一度洗ってみるようにしてください。

 

傷んだ筆のお手入れ方法

筆が傷んでしまったら、買い替える前に以下の方法を試してみましょう。

 

先が二つに割れてしまった場合

筆を洗わないまま放置していたり洗い残しがあったりすると、残った墨が固まって、毛先がぱっくりと割れてしまうことがあります。そのような場合は、鋒をぬるま湯にひたして毛をほぐし、墨のかたまりをもみだすようにして丁寧に取り除きましょう。根元は特に墨がたまりやすいため、洗うときには注意が必要です。

また、筆の洗い方が乱暴であることも、筆が割れる原因になります。中の毛が切れたり抜けたりすることで、毛のまとまりが悪くなるためです。普段のお手入れから丁寧に扱うよう心がけましょう。

 

筆の糊がとれてしまった場合

購入時についている糊がとれてしまうと、毛がボサボサになり、広がってしまいます。そのような場合は、毛の根元の方からきっちりと隙間なく糸を巻いて保管するようにしましょう。

筆の鋒は動物の毛でできており、とてもデリケートなものです。石鹸やお湯を使ってごしごし洗ってしまうと、毛の油分や糊までもが流れてしまうため、注意しましょう。

 

きちんとお手入れをすれば、次に字を書くときに良い状態で気持ち良く筆を使うことができます。手に馴染んだ筆を長く使っていけるように、これらの方法をぜひ活用してみてください。

東京書道教育会フォローしておすすめの記事を購読しよう

シェア